電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら

 TOPICS(2020年度)

製販一体のカンパニーと横串部門体制に組織改編

2020年4月14日

 株式会社巴川製紙所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:井上善雄)は、2020年4月1日をもって、製販一体の2つのカンパニー(iCasカンパニーとパウダーテクノロジーカンパニー)と横串部門に組織改編し、新製品開発及び拡販を加速、事業経営の効率化を図ります。

 従来は、3事業部(機能紙事業部、電子材料事業部、画像材料事業部)にそれぞれの開発、製造、品質保証が、各事業部営業は営業本部として束ねられ、事業開発本部と設備技術本部はそれぞれ独立しておりました組織体系を、2つのカンパニー制に改編いたしました。

 従来の機能紙事業部、電子材料事業部、事業開発本部の3組織を束ねる「iCasカンパニー」では、各事業部の営業と製造を一体化し、開発は開発本部として事業部横断型で推進いたします。また、画像材料事業部は営業部門を取り込んだ形で「パウダーテクノロジーカンパニー」とし、トナー開発・製造で培った粉体技術を活かし機能性と信頼性に優れたトナー製品をグローバル市場に提供いたします。画像材料事業部とは別に新規機能性粉体事業の立ち上げを目的としたファンクショナルパーティクル開発室を新設いたします。そして、これまで事業開発本部の中にあった要素技術を統轄する旧研究所、知財部、分析センターと設備技術本部を統合して「技術本部」といたしました。

 製販一体のカンパニー制と技術開発の横串体制に改編することで、技術を融合させ、当社ならではの新たな開発活動を加速するとともに、これまでに生まれた新技術、新製品の事業化を更に加速して参ります。当社はこれからもお客様の成功と発展を支える最良のパートナーとして、時代のニーズに応えた製品づくり、新しい価値を創出し続けることに努めてまいります。

以上

お問い合わせ先:TOMOEGAWA

経営戦略本部 営業統括グループ 広報チーム

Tel 03-3516-3401

お気軽にお問い合わせください