電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら

絶縁紙製品電気絶縁紙(ケーブル用絶縁紙)

超々高圧電力ケーブルに使用される電気絶縁紙

TOMOEGAWAの電気絶縁紙は、1914年通信ケーブル用、1916年には電力ケーブル用の国産化に成功したものです。

樹種の選定、パルプの洗浄、脱イオン水、M/C特性等の研究結果・知見を駆使し、多種の用途に適応する絶縁材料を開発しました。

さらに絶縁紙をポリプロピレン樹脂と貼り合わせた,800kVケーブルの試験に合格したPPLPも開発しました。


特長 1TOMOEGAWAが誇る電気絶縁制御技術が発現

  • 電気絶縁紙を日本初で開発して以来、さまざまな技術を蓄積
  • 日本国内のみならず海外でも製造・販売を展開
  [H P] TOMOEGAWA Aura India Pvt. Ltd.

特長 2TOMOEGAWAの抄紙技術を反映

  • 脱イオン水の使用でイオン夾雑物が少ない
  • 樹脂含浸性、油含浸性に優れています
  • 縦方向の引張り強さが大きい
  • 低密度、高透気度を有する
  • 表裏差が少ない

特長 3用途や機能に応じたカスタマイズが可能

  • 薄紙(16g/m2-23μ)の生産が可能
  • 抄合わせ・3層構造が可能
  • 機器用、コンデンサー用途にも対応可能

用途

  • OFケーブル
  • MI-DCケーブル
  • 超電導ケーブル

データ

坪量 16~330g/㎡

お気軽にお問い合わせください