電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら

絶縁紙製品電気絶縁紙(変圧器用絶縁紙)

配電用からUHV変圧器に使用される電気絶縁紙

TOMOEGAWAの変圧器用電気絶縁紙は、油入り変圧器に使用されています。

日本の配電用から超高圧油入り変圧器のほとんどに使用されています。日本国内のみならず、韓国、中国、タイ、インドネシア、インドを中心に世界各国で使用されています。

耐熱温度115℃(65度ライズ)の耐熱絶縁紙もラインナップしています。クレープ紙,高伸度紙もございます。

電気特性はもちろんのこと,導線への紙巻特性に適する樹種を選定したパルプを使用しています。


特長 1TOMOEGAWAが誇る電気絶縁制御技術が発現

  • 電気絶縁紙を日本初で開発して以来、さまざまな技術を蓄積
  • 日本国内のみならず海外でも製造・販売を展開
  [H P] TOMOEGAWA Aura India Pvt. Ltd.

特長 2TOMOEGAWAの抄紙技術を反映

  • 縦方向の引張強さが高く、高速紙巻での紙切れが極めて少ない
  • 絶縁破壊の強さが高い
  • イオン性不純物が少ない
  • 横方向に引裂強さが高い

特長 3用途や機能に応じたカスタマイズが可能

  • 薄紙(32g/m2-40μ)の生産が可能
  • 抄合わせ・3層構造が可能

用途

  • 配電用油入り変圧器
  • 超高圧油入り変圧器
  • 高効率油入り変圧器(トップランナー)
  • リアクトル

これらの素線絶縁、層間絶縁、口出し用チューブ、口出しジョイント部の絶縁などに使用されます。

データ

坪量 32~200g/㎡

お気軽にお問い合わせください