電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら

新規事業推進製品銅繊維シート

抄紙技術を駆使した銅繊維100%のシートを提案いたします

銅の持つ高い導電性・熱伝導性と、紙の持つ多孔質性・クッション性・柔軟性を両立させた、軽くてフレキシブルな銅繊維100%のシートを開発いたしました。

大電流に対応する電子デバイスをはじめ、薄型化・軽量化・設計自由化を実現する機能性シートとして提案いたします。

銅繊維シート Copper Fiber Paper

特長 1高い放熱効果による熱対策を実現

  • 多孔質構造による高い比表面積(同厚み時バルク比10倍)
  • 良好な通気性
  • 銅素材の熱伝導性(ステンレス比20倍)
試料坪量(g/㎡)厚み(μm)空隙率(%)比表面積(㎠/g)
銅繊維シート30010066246
銅箔872100023

  熱伝導率(代表例):銅 371W/mK、ステンレス 16~24W/mK

特長 2銅素材をそのまま活かした高い導電性(低抵抗)

高い導電性  High Conductivity
  • 銅繊維から構成される銅100%のシート
  • 高い導電性(ステンレス繊維シート比50倍、カーボン繊維シート比370倍)

特長 3稼動部・振動部材への活用
 異種材接合部において熱寸法変化を吸収

フレキシブル性  Flexibility
  • 紙のようなフレキシブル性(折り返し屈曲、凹凸追従が可能)
  • 空隙構造によるクッション性

特長 4省スペース化、軽量化を実現

  • 多孔質構造(空隙率)をコントロール
  • 均質な多孔質構造を保持した100μm以下の薄さ
  • 同体積でバルク(箔)の約1/3の軽さ
  • カスタマイズ可能

特長 5ニーズに合わせた形状加工、錆び・酸化防止処理

  • ハサミで切れる易加工性
  • 高精度加工
  • 折り曲げや型付け等の形状加工
  • 様々なコーティング表面処理

関連情報

一般社団法人日本銅センターの「銅」誌 第186号に、当社「銅繊維シート」の記事が掲載されました

お気軽にお問い合わせください