電子部品の熱・電気・電磁波コントロール素材のことなら

会社情報社長挨拶

TOMOEGAWAグループのホームページをご覧いただきありがとうございます。

私たちTOMOEGAWAグループは、1914年(大正3年)に「電気通信用紙(さん孔紙)」と「電気絶縁紙」の、日本初の国産化というニーズに応えるべく創業いたしました。現在では、「電気絶縁材料評価技術」を活かした特殊紙製品を原点に、「抄紙、塗工、粉体、粘・接着」の技術に磨きを掛け、時代の最先端分野である高機能性材料分野へと領域を広げて、次世代産業分野にも事業を展開しています。

近年、IoT、5G、AI、カーエレクトロニクス等の普及により、多くの電子部品で、高電圧、大電流、高周波に対する制御が求められるようになっています。こういったニーズに応えるべく、当社では、「熱・電気・電磁波」をコントロールする製品群「iCas(アイキャス)」を拡充し、熱やノイズに対する様々なソリューションを提供しています。 また、「グリーンチップ」ブランドを立ち上げ、環境関連を中心としたSDGsに対応する製品開発も進めております。

TOMOEGAWAグループは、創業精神である「誠実・社会貢献・開拓者精神」を堅持し、開発力と技術力、そして「電気もわかる化学屋」として、進化を続けています。自発的提案、提案型開発案件を立ち上げていく中で、お客さまに新たな価値をご提供すると共に、「グローバルに展開し成長する全員参加の開発型企業」であり続けます。

引き続き、TOMOEGAWAグループへご支援賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長
井上善雄

お気軽にお問い合わせください